元麻薬取締官に聞く 高知逮捕は警察へのマトリの対抗心か

公開日: 更新日:

 最後に、夫が中毒なのに、妻の高島礼子が知らなかったなんてあるのでしょうか?

「一緒に暮らしていれば気付きます。シャブをやっている人は、夜も寝ずにゴソゴソやってますし、昼は昼で部屋にこもっていたりする。壁の隙間にテープを貼ったりする異常行動もあります。ただ、高島さんに関してどうでしょうか……。彼女は京都での撮影が多く、別居がちだったとしていますし」

▽高濱良次(たかはま・よしつぐ)
1947年生まれ。70年、大阪市衛生局保健所に入所。72年、厚生省麻薬取締部入所。2008年、小倉分室長で定年退職。著書に「麻取や、ガサじゃ!」(清流出版)がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る