33歳でグラドル気分 深田恭子が“自分磨き”に躍起のワケ

公開日:  更新日:

「グラビアタレントに転身したのか」との声が上がっているのが、女優の深田恭子(33)。このところ、「週刊ヤングジャンプ」の表紙を単独では14年ぶりに飾ったり、写真集を2冊同時に発売したり、公式インスタグラムを開始して、ハワイでのセクシーなオフショットを公開したりしている。写真集「This Is Me」と「AKUA」はオリコンの週間売り上げ本ランキングの写真集部門で1位、2位に輝いたと報じられた。

 深田といえば、1996年のホリプロスカウトキャラバンでグランプリに輝き、ドラマ「神様、もう少しだけ」や映画「下妻物語」などのヒット作で女優として知られてきた。2012年の大河ドラマ「平清盛」ではヒロインも演じていたが、いつの間に路線を変更していたのか。週刊誌の芸能担当ライターがこう答える。

「今年も1月スタートの連ドラ『ダメな私に恋してください』で主演したり、女優業を辞めたわけではないと思います。ただ、グラビアに熱を入れているのは事実。デビュー以来、太ったり痩せたりしてきた彼女ですが、ダイエットやエクササイズに心血を注いでいる印象です。焼き肉が大好物で、深夜に仕事仲間と繰り出してはビールを飲み、豚骨ラーメンでシメるようなタイプ。恋も肉食系で、ぽっちゃりしていましたけれど、変われば変わるものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る