俳優目指し上京 要潤が“20種類のバイト”で掴んだチャンス

公開日: 更新日:

 それを半年ぐらい続けるうち、「役者は諦めるか」と思うようになって。居酒屋のアルバイトが楽しくて、このまま店を任されるのも悪くないかなと。

 そう思い始めたころに居酒屋で今の事務所にスカウトされたんです。一緒に夢見た友達の中で、なぜ僕だけ役者になれたのかよくわかりません。ただ“動く努力”はしていましたね。人と会っていろんな考えを吸収したり、東京の名所に出かけたり。

 とにかく家でジッとしてテレビを見ているのではなく、外に出て動く。そういうことにはお金を使いました。お金はなかったけど「だからできない、しない」ではチャンスは回ってこない。借金をしてでも動いていました。

 借金といっても、「電車賃がないから1000円貸して」とかですけどね(笑い)。貸してくれた友達に次に会った時には、「もういいよ」と言われながらも、キチンと返していましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る