• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大女優ゆえ反発も 左時枝さんが語る姉・幸子さんの“遺言”

「武士の一分」「母べえ」などの映画や、NHKの大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」など多くの作品で活躍してきた左時枝さん(69)。名だたる俳優との出会いがあったが、もっとも影響を受け、尊敬するのは、やはり映画スターだった姉の故・左幸子さん(享年71)だ。

  ◇  ◇  ◇

 私を女優へ導いたのは姉でした。小学校6年生の冬、東京ですでに大女優として活躍していた姉に、「映画に出られるから、とにかくいらっしゃい」と言われ、学校を休んで故郷富山から上京したんです。映画というのは山本薩夫監督の「荷車の歌」で、姉はヒロインの娘役。監督はその少女時代を演じる子供を探していたんです。それがデビュー作になりました。

 当時は映画に出られることより、東京に行って姉たちに会えることのほうがうれしくて。私は8人きょうだいの末っ子。当時、私と古美術商だった父だけが富山で暮らし、兄姉7人はみな東京へ出ていたんです。母も兄と姉の面倒を見るために東京ですから、みんなで姉(幸子)が買った東京・練馬の一軒家で暮らし、姉の活動に協力していたんです。きょうだいたちはファンレターの返事を書いたり、料理をしたり、運転手をしたり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る