日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロマンポルノで開眼 間宮夕貴「ヌードに抵抗ありません」

「誰にも、どの作品にも、負ける気がしないんです」――お行儀のいい“よそゆき”の発言なんかより、野心むき出しで好感がもてる。来月17日に公開となる塩田明彦監督作「風に濡れた女」でヒロインを演じた間宮夕貴(25)だ。同作品は「日活ロマンポルノ」が製作開始45周年を記念した「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の一本。5人のロマンポルノ初監督による新作5本がラインアップされるなかで、ナンバーワン宣言をした彼女の素顔に迫った。

■ロマンポルノと知らずに……

 オーディションでゲットした今回の役。80分の尺の中で10分に1度は濡れ場という制約のもと、欲望のままに複数の男と一戦を交えていくハードな役どころに挑んだ。ロマンポルノとは知らずに受けたオーディションだったが、「脱ぐことに抵抗はありません。会場では何度もパターンを変えて演技させてもらえたので『あ、決まったな』と確信がもてた。100以上のオーディションを受けていますが、手ごたえを感じたのは初めてです」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事