日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宮崎駿監督の引退撤回 「君の名は」「この世界」に触発か

 映画業界に限らず、世間の大多数が「やっぱり」と感じたはずだ。アニメ界の巨匠、宮崎駿監督(76)の引退撤回が報じられた件。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(68)が23日(日本時間24日)、米ロサンゼルスで開かれたイベントで、「(宮崎監督は)今も一生懸命、作っています」と新作長編の製作を明言。絵コンテが「すごく面白かった」と太鼓判まで押すもんだから、大騒ぎである。

 思い起こせば、2013年9月の引退会見で宮崎監督は「今回は本気です」と断言していた。それがなぜ3年半余りで心変わりしたのか。ロスでのイベントで鈴木Pは、「ジブリで自分以外の人が作品を作るのが嫌だったんでしょうね」とおもんぱかっていたが、まあ、無理はない。興行収入120億円超を叩き出し、引退の花道を飾った「風立ちぬ」(13年)に対し、直後に公開された「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)は興収24億円。昨年9月公開の「レッドタートル ある島の物語」(マイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督)に至っては、今回のアカデミー賞に候補入りしたものの、「興行収入は最終的に1億円に届かなかった」(映画興行関係者)と大惨敗を喫している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事