日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原和博氏の“後見人”謎の突然死 運転手務め一緒に豪遊も

「いったい何があったのか?」--関係者の間に衝撃が走っている。

 2016年6月に覚醒剤取締法違反で懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決が確定した元プロ野球選手、清原和博氏(49)の「後見人」「弟分」などと呼ばれた男性Aさん(43)が死亡していたことが、11日までに分かった。

 関係者によると、11日夜にAさんの出身地である愛知県の葬儀場で通夜が営まれる。
 
「Aさんが亡くなったのは4月8日で、司法解剖に回されたそうです。つまり、すぐには単なる病死と判断されなかったということ。『まだ若いのに何があったのか?』などと、さまざまな憶測が飛び交っています」(事情通)

 Aさんは東京・六本木で飲食店を経営しており、16年3月に清原氏が保釈された際は、Aさんが自ら車で迎えに行き、千葉の病院まで送り届けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事