日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ピンクの電話の竹内都子さん 3年待った96本100万円ワイン

 バラエティー番組だけでなく、ドラマでも活躍中の「ピンクの電話」竹内都子さん(55)。俳優でご主人の菅原大吉さんと一緒にイタリアへワインツアーに行くほどのワイン好きだ。

■毎年の結婚記念日に開けるワインを購入

「もう3年待ったんだからさ。もう少し待ってみたら? 何の覚書も証明書もなく、口約束通りに届いた方が美しいよね」

 98年ですから、今から19年前の初夏だったと思います。“あるワイン”のことをポロッと漏らしたら、一番親しい放送作家の方が私にこう言うのです。あるワインとは95年2月の結婚を記念して、その年5月に予約注文した「シャトー・ラフィット・ロートシルト」と「シャトー・ラトゥール」の95年ものの赤。それぞれ48本、計96本。

 なぜこんなにたくさんまとめて注文したのかというと、当時、主人と2人でよく通った渋谷のワインレストランのオーナーから、こんな話を聞いたのがきっかけでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事