覚醒剤で逮捕 BIGBANG育てた芸能プロ代表と大女優の関係

公開日: 更新日:

 関係者などによると、佐々木容疑者は香港生まれで、高校まで香港で過ごし、上智大学へ。英語やドイツ語も堪能だという。その後、07年に設立されたYGエンタテインメント・ジャパンの代表を務め、11年に退社した。同年、「マッドミュージック」を立ち上げた。
 
「飛ぶ鳥を落とす勢いだったのに退社したのには理由があって、父親の看病のためだったそうです。その父親というのが、大手アパレル会社リンク・セオリー・ジャパン元社長の佐々木力氏。11年8月に胃がんのため、60歳で亡くなっています。力氏と言えば、女優の萬田久子さんとの“事実婚”で話題になりましたが、現さんは力氏の前妻の長男です。万田さんの実子ではありません」(業界関係者)

 まさに“華麗なる一族”。覚醒剤に手を出す理由なんてないはずだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る