元SMAP中居正広に囁かれる「通帳残高100億円」は本当か?

公開日:

「中居のジャニーズも基本的に給料制で、事務所が決めた額にタレントが従うという関係でしたが、SMAP時代に元チーフマネジャーの飯島女史が事務所との間に入って交渉するようになり、ドンと上がった。同じSMAPのキムタクがCM1本9000万円で、吉永小百合さんらに次ぐトップクラスだったのは有名な話。コーヒー飲料で渡哲也と共演した際、『渡が先輩なのだから、木村より少しでもいいからギャラを上に』と石原プロが持ちかけたところ、渡のギャラが1億円となったからです」(芸能プロ関係者)

 中居は仕事が多忙ということもあり、私生活での支出がたばこやカップ麺程度という説も、預金100億円の根拠となっているが、「この春のWBCで侍ジャパンのメンバー全員に1セット4万ものヘッドホンをプレゼントしたように、スタッフへの差し入れなど使うところは使っている。決してケチではない」(前出のジャニーズ関係者)という。

 だからこそ、仕事が仕事を、金がまた金を呼び、年収もアップするというわけだろう。ちなみに、長者番付が最後に発表になった2004年の所得は推定5億1400万円(納税額1億8745万円)。芸能界の最前線で20年以上も活躍していることを考えれば、本当の残高は100億円以上かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る