日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

覚醒剤逮捕の清水良太郎 兄がバッサリ「復帰は甘くない」

 10月11日、池袋のホテルで一緒にいた風俗嬢が「薬物を飲まされた」と通報し、覚醒剤取締法違反で逮捕・起訴されたものまねタレントの清水良太郎被告(29)。検察は12月15日の初公判で懲役1年6月を求刑し、22日に執行猶予付きの判決が言い渡された。

 良太郎は2月にも写真誌に違法賭博疑惑を報じられ、謹慎。6月の芸能活動再開時は手を差し伸べた父の清水アキラ(63)も、「バカ野郎としか言いようがないですね。もう、あいつのことを信じることもできない」と、今回ばかりは突き放した。保釈にも協力せず、自身と同じ事務所も解雇した。

 もっとも、アキラは初公判に情状証人として出廷。何だかんだ言っても、バカ息子ほどかわいいようだ。

「アキラには3人の息子がおり、長男はパイロットで、次男は事務所社長。同じものまね芸をする三男の良太郎のことを“才能がある”と褒め、ことのほかかわいがっていました。ほとぼりが冷めたころに芸能界に復帰させるかもしれないといわれています」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事