乃木坂46斎藤ちはる内々定 “セミプロ”女子アナ急増の裏側

公開日: 更新日:

 こんな背景もある。

「テレビ局はもはや学生の人気企業ではなく、志望者の減少にともなって、女子アナを志望する人数も減っている。深夜・早朝の勤務など過酷な労働環境が知れ渡り、かつてほど高倍率でもなくなった昨今、タレント上がりの女子アナが目立つのは、たとえばアイドルとしてピンでいけるほど売れていないタレントが、『じゃあ女子アナにでもなるか』という、安易な受け皿として見ている部分もあるんです」(マスコミ関係者)

 かくして女子アナはセミプロ採用がトレンドに。カネと育成の余裕がないテレビ局と二流タレントの妥協の産物ともいえるだけに、決して前向きな話ではないようだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  9. 9

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る