てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

盲目の濱田祐太郎は視野の狭い健常者を「笑い」に変える

公開日:

 障害者をテレビで扱う場合、日本のテレビは「感動」に寄せがちだ。だから、余計にこうしたアプローチは手付かずで新たな“鉱脈”と言えるだろう。ちなみに「感動」路線の代名詞ともいえる「24時間テレビ」(日本テレビ)に出て、健常者と障害者との懸け橋になりたいという思いはあるかと問われると、濱田は「いや、全くないです」と笑って、即答している。

「僕はお笑い芸人なので、懸け橋をするという役割じゃない」(「マイナビニュース」18年3月7日)

 濱田祐太郎は視覚障害者であるが、それは彼を形作るひとつの要素にすぎない。あくまでも彼が目指すのは「笑わす」こと。

「僕は濱田祐太郎としてしゃべっているだけで、視覚障害者代表としてしゃべっているわけではない」(「ハートネットTV」=同前)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る