桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

公開日: 更新日:

■本物は小柳ルミ子だけ

 小柳ルミ子を忘れていた。15日の「プライムニュースイブニング」(フジ系)に登場してナマ解説。年間2000試合見てるとかで、ハッタリの便乗商法なんだろうと思ったら、そうではなく、持参した手書きのノートに選手ごとに移籍したチーム名などがびっしり。ネットで検索すれば一発でわかる時代に、ノートに手書きというのがいい。ルミ子は本物だ。

 そんなルミ子。芸能コーナーで細川たかしが新曲で西野ジャパンにエールという話題の後、「たかしちゃん、サッカーなんて全然知らないのにぃ~」とやんわりと攻撃。便乗商法許すまじといったところか。

 猫も杓子もW杯。便乗タレントもまだまだ出てくる気配。例のNEWS手越祐也も、シレッと普通に出てたし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  8. 8

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  9. 9

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  10. 10

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

もっと見る