• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

石田純一脅かすか 西郷・辺見ファミリーがブレーク寸前?

 このところの異常なまでの長嶋一茂アゲが気に入らない。その一茂とコンビかと思うほど一緒に出てくるのが石原良純で、こちらもなんとかならないか。

 共通するのは底抜けの明るさ。なんだかんだいっても苦労知らずのお坊ちゃま。高校時代の小遣いが100万円と屈託なく話す一茂、世間にどう思われるかということを考えず、空気の読まなさ加減、天然さは最強といえば最強だけど。

 そんな明るい2世とは対照的にどこか寂しげな2世もいる。辺見えみりだ。1993年のドラマ「いちご白書」(テレビ朝日系)でデビュー。主演は第4回国民的美少女コンテストグランプリの小田茜、えみりはその友人役だった。

 ちなみにもうひとりの友人は安室奈美恵。バージン喪失や両親の不倫など、とんがったドラマだったと記憶している。

 その後ビートたけしの「スーパーJOCKEY」(日本テレビ系)のアシスタントやら、「ワンダフル」(TBS系)のMCやらを務め、歌も出していたがパッとせず、ファッションブランドを立ち上げたり、セルフヌード写真集を出したりするが、それもかまって欲しいからではという感じでどこか寂しげなところがあった。06年には、キム兄こと木村祐一と結婚するもわずか2年で離婚。11年には俳優・松田賢二と再婚してこちらは1女を授かるも、今年2月に離婚、バツ2となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る