• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

石田純一脅かすか 西郷・辺見ファミリーがブレーク寸前?

 このところの異常なまでの長嶋一茂アゲが気に入らない。その一茂とコンビかと思うほど一緒に出てくるのが石原良純で、こちらもなんとかならないか。

 共通するのは底抜けの明るさ。なんだかんだいっても苦労知らずのお坊ちゃま。高校時代の小遣いが100万円と屈託なく話す一茂、世間にどう思われるかということを考えず、空気の読まなさ加減、天然さは最強といえば最強だけど。

 そんな明るい2世とは対照的にどこか寂しげな2世もいる。辺見えみりだ。1993年のドラマ「いちご白書」(テレビ朝日系)でデビュー。主演は第4回国民的美少女コンテストグランプリの小田茜、えみりはその友人役だった。

 ちなみにもうひとりの友人は安室奈美恵。バージン喪失や両親の不倫など、とんがったドラマだったと記憶している。

 その後ビートたけしの「スーパーJOCKEY」(日本テレビ系)のアシスタントやら、「ワンダフル」(TBS系)のMCやらを務め、歌も出していたがパッとせず、ファッションブランドを立ち上げたり、セルフヌード写真集を出したりするが、それもかまって欲しいからではという感じでどこか寂しげなところがあった。06年には、キム兄こと木村祐一と結婚するもわずか2年で離婚。11年には俳優・松田賢二と再婚してこちらは1女を授かるも、今年2月に離婚、バツ2となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る