桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

石田純一脅かすか 西郷・辺見ファミリーがブレーク寸前?

公開日:

 このところの異常なまでの長嶋一茂アゲが気に入らない。その一茂とコンビかと思うほど一緒に出てくるのが石原良純で、こちらもなんとかならないか。

 共通するのは底抜けの明るさ。なんだかんだいっても苦労知らずのお坊ちゃま。高校時代の小遣いが100万円と屈託なく話す一茂、世間にどう思われるかということを考えず、空気の読まなさ加減、天然さは最強といえば最強だけど。

 そんな明るい2世とは対照的にどこか寂しげな2世もいる。辺見えみりだ。1993年のドラマ「いちご白書」(テレビ朝日系)でデビュー。主演は第4回国民的美少女コンテストグランプリの小田茜、えみりはその友人役だった。

 ちなみにもうひとりの友人は安室奈美恵。バージン喪失や両親の不倫など、とんがったドラマだったと記憶している。

 その後ビートたけしの「スーパーJOCKEY」(日本テレビ系)のアシスタントやら、「ワンダフル」(TBS系)のMCやらを務め、歌も出していたがパッとせず、ファッションブランドを立ち上げたり、セルフヌード写真集を出したりするが、それもかまって欲しいからではという感じでどこか寂しげなところがあった。06年には、キム兄こと木村祐一と結婚するもわずか2年で離婚。11年には俳優・松田賢二と再婚してこちらは1女を授かるも、今年2月に離婚、バツ2となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る