• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

「グラビアとは大違い。フォトショップってすごい」「誰? 小嶋陽菜の影武者?」と言いたい放題なのである。

「小嶋は昔から肌荒れがひどくて、グラビアでは肌を相当修正していることは業界では有名な話です。ただ、ボディーラインのお直しは一切なしといわれていたのですが。AKB48を卒業して踊ることがなくなり、緩んでしまったのかも」(業界関係者)

 ノースリーブから伸びる小嶋の“二の腕”は、グラビアやCMより、いくぶん緩んでいるようには見える。

「マシュマロボディーを売りにしているだけに、小嶋さんは普段からインスタグラムでボディーアピールに余念がない」と芸能ライターのエリザベス松本氏はこう話す。

「小嶋さんの売りは、プリッと丸いヒップラインですが、ジェニファー・ロペスやビヨンセら、ヒップ自慢の海外セレブと比較すれば、まだまだ小ぶりです。何をしても太った太ったと言われるなら、いっそ、彼女たちを目指して、大きく後ろに突き出たヒップづくりに励むのも、アリかもしれません。新たなファンがつかめるかも。まあ、今ぐらいムッチリした体形の方が好き、という男性は、意外と多いんじゃないかと思いますけどね」

 緩めのこじはるも確かに悪くはないが、本人にとって一番の問題は、恋人の若手IT社長の好みがどうか、だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る