太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

公開日:

「グラビアとは大違い。フォトショップってすごい」「誰? 小嶋陽菜の影武者?」と言いたい放題なのである。

「小嶋は昔から肌荒れがひどくて、グラビアでは肌を相当修正していることは業界では有名な話です。ただ、ボディーラインのお直しは一切なしといわれていたのですが。AKB48を卒業して踊ることがなくなり、緩んでしまったのかも」(業界関係者)

 ノースリーブから伸びる小嶋の“二の腕”は、グラビアやCMより、いくぶん緩んでいるようには見える。

「マシュマロボディーを売りにしているだけに、小嶋さんは普段からインスタグラムでボディーアピールに余念がない」と芸能ライターのエリザベス松本氏はこう話す。

「小嶋さんの売りは、プリッと丸いヒップラインですが、ジェニファー・ロペスやビヨンセら、ヒップ自慢の海外セレブと比較すれば、まだまだ小ぶりです。何をしても太った太ったと言われるなら、いっそ、彼女たちを目指して、大きく後ろに突き出たヒップづくりに励むのも、アリかもしれません。新たなファンがつかめるかも。まあ、今ぐらいムッチリした体形の方が好き、という男性は、意外と多いんじゃないかと思いますけどね」

 緩めのこじはるも確かに悪くはないが、本人にとって一番の問題は、恋人の若手IT社長の好みがどうか、だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る