城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

アノ目で見られると男は誤解…葉月里緒奈は天性の人たらし

公開日:

 まさしく、自由という言葉が似合う。余裕があるからか、女優として私が必要だったらやりますよ、というスタンスにも見える。そのため、彼女の活動といえば、時折、2時間ドラマで姿を見かけるくらいになっている。

 反対に、結婚、恋愛が仕事に大きくかかわったのが、大竹しのぶ(61)。やはり若い頃から才能があるといわれたが、TBSのディレクターで名物演出家と結婚して演技派女優となり、死別したあとに明石家さんまと再婚、トークの呼吸など笑いの要素を吸収してバラエティーでも売れた。そして3度目の結婚(事実婚)が舞台のトップ演出家の野田秀樹氏。またも“吸収”して大竹は超大物女優となっている。

 天性と吸収で上にのぼっていくのか、天性を生かして自由に生きるか、そこは人それぞれだが、女優としての魅力は見せ続けて欲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る