益若つばさら所属 事務所社長逮捕で垣間見えた業界の暗部

公開日:

 業界関係者の間では、交渉が頓挫しそうになると「業界で生きれないようにしてやる」と脅されたとか、気に入らない記事が出たらその媒体の担当を呼びつけて恫喝したといった話が日常茶飯事のように噂されている。

「資金繰りが滞って、支払いが遅れていたグラビアDVDメーカーの社長はある芸能プロに呼び出されて、『オマエの資金繰りは関係ねえから金払えよ。ヤクザも金なんだよ。つくれないなら、飛び降りてつくれよ。生命保険入っているだろ』と凄まれたそうです。テレビ局のプロデューサーへの恫喝が仕事じゃないかというような役員が大手芸能プロにはいます。机の上に足を投げ出し、『話が分からないなら上に上げるぞ』と芸能界の大物の名前を出して電話をかけるそぶりをする。また映画の打ち合わせに来た製作会社のプロデューサーの前で、自社の副社長を蹴ったり殴ったりして、『こんなギャラだと、てめえの給料出ねえぞ、こら!』とやったりしていました。自社でスカウトした女性タレントが他社での活動を選んだことを逆恨みして、テレビ局や出版社などに営業妨害したりして圧力をかけるとか。挙げていったらきりがありません」(野島氏)

 もちろんこうした事例は全体の一部なのだろうが、芸能界の裏側が垣間見えたのは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る