萌景さんは自殺…夢とやりがい搾取する“アイドル残酷物語”

公開日:

 愛媛県松山市を拠点にした「愛の葉Girls」の16歳のメンバー、大本萌景さんの自殺問題が波紋を広げている。アイドルグループ「少年隊」のメンバーで、ジャニーズ取締役でもある東山紀之は自身がMCの情報番組で「うちはレッスン料とか取らなかったし学業優先でした」「彼女がなぜ死を選んだのか原因を突き止めないといけないですよね」とコメント。地方アイドルの育成や労働環境などに大きな問題があったのではないかとの見方を示した。

 遺族は大本さんの所属事務所のパワハラや契約が自殺に追い詰めたとして、社長らに約9200万円の損害賠償を求める訴えを地裁に起こした。いまや全国には1000組以上の“アイドル”が存在。メジャーデビューを果たした有名グループだけではなく、ご当地アイドルから地下アイドルまで乱立時代である。

 そんな中、大本さんは月に20日前後の労働を長時間拘束などで行っていた上、月額3万5000円程度の報酬しかもらっていなかったなどその劣悪ぶりは際立っている。芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る