深田恭子の新恋人が専属ドライバーを募集中 その待遇は?

公開日: 更新日:

 女優・深田恭子(36)との交際が明らかになった、年商200億円の不動産会社「シーラホールディングス」杉本宏之会長(41)。週刊文春の1月24日号には、杉本氏のさまざまな過去が掲載されたが、現在、そんな杉本氏が“会長付”専属ドライバーを募集中だ。募集要項を見ると、月収45万円以上。未経験者も応募可能なポテンシャル採用で、交通費支給はもちろん、家族手当や資格手当、住宅手当などの福利厚生もついている。会長のお眼鏡にかなえば、将来は経営に携わるチャンスもあるようだ。

■大手タクシー会社のハイヤー運転手より好条件

 仕事内容は杉本氏を時間通りに目的地まで送り届けること。取引先は近距離がメインのため、ハンドルを握るのは片道15~20分程度と募集要項には書いてある。運転する車種は1億円超えも存在するドイツ製の「マイバッハ」。会長秘書と二人三脚で会長を支え、人の役に立つことや、会長からの「ありがとう」の言葉にやりがいを感じることが働きがいにつながるとうたっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る