井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

ゴーン再逮捕報道に思う「クジラ食ったことないやろ」

公開日: 更新日:

 人は畜生さまの命を頂戴してきた。いや、人は動物に食われながら生き残ってきたのだ。「鯨食」は縄文時代からある。反対するヤツは何様のつもりだ。地球の何を守りたいんだ。

 どうでもいいが、イワシクジラの「百尋」という小腸の珍味を食ってみろ。生きるために人は食う。寒くて花見などする気ないわと言うと、「ハリハリ鍋」も作ってくれた。金の亡者ゴーンよ、ええ死に方しないやろが、ハリハリの汁も飲まないで死んでいく哀れな男だ。

 また思い出す。新宿のションベン横丁にあった「鯨カツ定食」店。380円だった。ピンク映画ロケの昼飯に欠かせなかった、クジラ、命をありがとう。そっちも命懸けで生きろよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る