JUMP公演中止の“強硬策”も 悪質ファンと続くイタチごっこ

公開日: 更新日:

 これまではファンの自主性に任せていたがアリーナ公演中止という強硬手段に出たジャニーズ事務所。しかしながら、「“ヤラカシ”と呼ばれる一部ファンの歪んだ熱意は事務所の対策のはるか上を行く。飛行機の便や宿泊施設をあっという間に特定して待ち構えているからゾッとします。つまりは航空会社やホテルの中にも熱烈ファンがいて、情報を流しているということです」(ジャニーズ関係者)。

 大幅な収入源だけに苦渋の決断だろうが、イタチごっこは続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  9. 9

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る