ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

公開日: 更新日:

「このままの状態が続けばアニバーサリーどころか、グループが自然消滅する可能性すらあります。松岡は俳優、国分太一(44)はMCとしてそれぞれポジションを築きつつあります。城島茂(48)も仕事に困ることはないでしょう。待ちくたびれた長瀬は新メンバーで音楽活動を再開することになるかもしれません」(前出の芸能プロ幹部)

 しかも、こうしたTOKIOの動きを見越したのか、日本テレビが水面下で人気バラエティー「ザ!鉄腕!DASH!!」のリニューアルに着手しようとしているという話も聞こえてきた。

「20%超えが珍しくなかった番組ですが、元メンバーの山口達也(47)の飲酒騒動でミソが付いてしまいました。日本テレビは“ジャニーズ枠”として番組をキープしつつ、出演者を若者に人気の『King&Prince』か『Snow Man』あたりにスライドさせていきたいそうです」(テレビ局関係者)

 カリスマが倒れた帝国は、歯車が少しずつ狂い始めているようだ。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る