京アニ映画「Free!」満席大盛況も…上映館が増えない事情

公開日: 更新日:

 1人でも多くの観客がストレスフリーで劇場で鑑賞できるよう、もっと上映回数を増やせばと思ったが、コトはそう簡単ではないようだ。

「今年の夏休み興行、なかでもアニメは新海誠監督の『天気の子』を筆頭に近年まれにみる充実ぶりで、続々と粒揃いの作品が公開されている。そうなると、映画館としては物理的に7月公開の『Free!』の上映回数を増やすのは至難の業。しかも、上映を安易に増やすようなことをすれば、事件後の便乗商法を狙ったかのような風評が立つことへの不安も少なからずあります。さまざまな要因が重なり、現状維持のスタンスになったといえるでしょう」(前出の映画興行関係者)

 国内外から京アニへの寄付金は13億円を突破。もっとも社員への補償なども含め、再建には100億円以上が必要ともいわれる。作品同様、京アニの正々堂々を貫く“スポーツマンシップ”に一層の応援が寄せられるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る