香取慎吾に救いの手 公取委注意で分かった萩本欽一の偉大さ

公開日: 更新日:

 確かに、80年代前半に“視聴率100%男”と呼ばれていた萩本も、85年3月の休養以降はヒット番組を生めなくなった。

 現在、萩本はNHK-BSで「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」という不定期の冠番組に出演している。コント55号で坂上二郎をとことん振り回していたように、この番組でも劇団ひとりやハライチの澤部佑にムチャ振りを連発している。

 その狂気性を、〈慎吾はね、とてつもないアドリブの力を持っている〉(『スポーツ報知』2018年1月20日付)と評価する香取にぶつけるのはどうか。

 BSならば、地上波のように視聴率も気にしないで済む。

 ぜひ、同番組で萩本と香取に“アドリブの応酬”を繰り広げてほしい。

▼取材・文/岡野誠(ライター・芸能研究家) 1978年生まれ。膨大なデータと綿密な取材によって〈田原俊彦とジャニーズ共演NG説〉〈当初は問題視されなかった「ビッグ発言」〉などを検証した著書「田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018」(青弓社)は3刷に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  5. 5

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  8. 8

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る