“加藤の乱”鎮圧で吉本完勝も 専属エージェントに潜む火種

公開日: 更新日:

専属エージェント契約に潜む新たな“火種”

 加藤に対しては、ギャラの取り分など契約は一時的によくなったとしても、今度の仕事については、エージェントの胸三寸でどうにでもできてしまうという現実がありそうだ。テレビ局関係者はこう話す。

「決して高視聴率を取っているわけではない『スッキリ』を打ち切りにする話は何度も出ているようです。業界に影響力が大きい吉本に日テレが忖度して、体よく加藤を切ることもできてしまうわけです。吉本にとっては、加藤が吉本を気に入らなければ、『他のエージェントへどうぞ』ということですから」

 芸人だけで6000人の大所帯。「代わりはいくらでもいる」という吉本の基本的な発想が変わってないとすれば、加藤を切って、他の芸人を押し込むことはたやすい。

 闇営業問題に端を発した芸人の造反劇は、“加藤の乱”鎮圧で完全に会社側に軍配。「専属エージェント契約」という新たな“火種”を抱えてはいるのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  7. 7

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る