ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

公開日: 更新日:

 侃々諤々の議論の末、大久保好男会長(当時社長)や小杉社長(当時取締役)らも賛同したこともあって日テレのW杯中継が決定した。もっとも……。

「最後の決め手は格安といわれたラグビーW杯の放映権料だったとされています。今回、中継する日テレ、NHK、J SPORTS(CS)の3局で計20億円。日テレが19試合、NHKがBSを中心に14試合、J SPORTSが全48試合。日テレの負担分は約10億円。サッカーW杯が約500億円。現在開催中の男女バレーボールのW杯(フジテレビ)が約30億円。金額的には超お買い得だったわけです」(大手広告代理店幹部)

 いずれにせよ日本代表チームの活躍で決勝トーナメント進出はほぼ確定していると言っても過言ではない。

 日本テレビのツキはまだまだ健在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  8. 8

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  9. 9

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  10. 10

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

もっと見る