明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

公開日: 更新日:

 だが、今回の「おちょやん」の出演によって彼女の名前は全国区となった。民放ドラマの出演は今後ますます増えるだろう。そう考えればファンの怒りも収まるのではないか。

 今回の朝ドラではもう一つ話題になっていることがある。“写真出演”だ。その名の通り、俳優が写真のみでしか出演していないことだ。すでに亡くなっていて第1話から写真となっていたのが、おちょやんの実母を“演じている”三戸なつめ(31)。わずかな回想シーンはあったが全編を通して写真だ。そして終盤に登場した天海祐希(53)。こちらは戦前から映画やラジオで活躍する人気女優・箕輪悦子役で“映画ポスター”で出演している。さすがに天海ほどの女優が写真だけということはないだろうと思っていたが、こちらも今のところ実演はないようだ。

 写真出演の出演料も気になるが、明日海の再出演がサプライズであるかも見ものだ。

▽取材・文=佐々木博之(芸能評論家)FRIDAYの取材記者を経て、現在はコメンテーターとしてもテレビやラジオに出演中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る