古谷徹は“あの役”降板必至? 人気声優不倫騒動の後始末、決め手は「キャラの私物化」

公開日: 更新日:
コクハク

 レジェンド声優・古谷徹(70)の不倫報道が世間を騒がせている。

『文春オンライン』よって報じられた37歳年下女性との不倫、暴力、中絶などの問題。この騒動はアニメファンだけではなく、多くの人の目に触れることとなった。

続く人気声優の不祥事 明暗はどこにある?

 いまや約3兆円規模とも言われるほどのアニメブーム。その市場を支える「声優」にも注目が集まっており、彼らの不祥事を狙う週刊誌も少なくない。過去にも数々の声優の不倫報道が話題になった。

 しかし不倫が明るみになった声優でも、その後の状況はさまざま。変わらず声優仕事を続けている者がいる一方、降板が相次ぎ引退の危機に追い込まれた者もいる。

 古谷は『機動戦士ガンダム』アムロや『名探偵コナン』安室透ら数々の有名キャラクターの声を務めており、今後の仕事に支障をきたすのではないかと危惧する声もある。

 不倫騒動後の明暗、そのポイントはどこにあるのだろうか。

炎上後も有名キャラを継続の櫻井孝宏

 声優による不倫報道でまず思い出すのが、2022年9月『文春オンライン』に報じられた櫻井孝宏(49)だろう。

 櫻井は『鬼滅の刃』冨岡義勇や『呪術廻戦』夏油傑、『おそ松さん』松野おそ松などを演じている、有名作品には欠かせない実力派声優。彼の不倫が大きな騒動となったのは、その悪質さにあった。

 2018年に結婚をしていたにも関わらず、それを隠したまま他の女性と10年間の交際関係にあったのだという。

 反響の大きさに声優継続は絶望的かと思われたが、意外にも仕事への影響は比例しなかった。降板が発表されたのはアニメ2作品とラジオ番組1作品、ナレーション1番組のみ。

 2023年3月に所属事務所との契約は終了したものの、『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』『おそ松さん』などに関しては続投。報道後に放送されたアニメ『うる星やつら』(尾津乃つばめ)や『ブルーロック』(糸師 冴)などにも出演している。

鈴木達央は降板が相次ぎ、バンドも解散

 そしてもうひとつ思い出されるのが、2021年7月、同じく『文春オンライン』で報じられた鈴木達央(40)だ。鈴木の妻は、『鬼滅の刃』の主題歌などを歌っていたアニソン界の大物LiSA

 鈴木自身もアニメ『Free!』橘真琴や『うたの☆プリンスさまっ♪』黒崎蘭丸などで人気を博しているが、一部のアニメファンに限定されている印象だ。一般的な知名度でいえば、LiSAのほうが格上だろう。

 不倫の内容は、20代スタッフとの度重なる密会というもの。一時の“火遊び”ともとれる不倫だっだが、その代償は大きかった。

 アニメ『東京リベンジャーズ』(龍宮寺堅)をはじめ、計9作品の降板。さらに所属するバンドプロジェクトOLDCODEXは解散となり、2023年には事務所を退所。現在はフリーとして細々と活動しているようだ。

 くっきりと分かれた明暗、この違いはどこにあるのだろうか。声優業界にも詳しいアニメライターに話を聞いた。

役と声優は別だが、作品を汚す行為はNG

「どちらのケースも賛否ありましたが、アニメファンというのは意外と冷静です。不祥事が報道されても『キャラクターと声優の人格は別』と考える人が多く、一度その声優によって吹き込まれた声は変えてほしくない、という意見が散見されます。

 特に櫻井さんはファンのみならず、業界内でも認められている実力派。制作側も彼でなければ…という判断に至ったのでしょう。また、彼はSNSを一切やらないことでも有名。余計な発信がなかったことも早い復帰に繋がったのでは」(アニメライター/以下同)

 では、降板が続いた鈴木のケースは?

「鈴木さんの場合、不倫よりもその周辺の情報が影響したのではないでしょうか。妻と暮らす家に相手を連れ込んだことや、LiSAの心身疲労によりコンサートが中止になったことなど、LiSAを傷つけたという事実がさらなる反感を買ったと思われます。

 もうひとつ強く非難されたのが、相手に発表前のアニメ楽曲を聞かせていたという点。この行為は情報漏洩にあたり、同楽曲はお蔵入り。楽しみにしていたファンからは怒りの声が相次ぎました」

 アニメファンは役柄と声優は別と捉えているが、作品やキャラクターを汚す行為は許さないということか。

古谷徹の今後はどうなる?

 古谷の場合はどちらに当たるのだろうか。

「古谷さんの不倫自体については、70歳が37歳も年下に…という不快感もありますが、家族とすでに話し合っているということ、きちんと認め謝罪していることなどから、そこまで強い拒否反応を示す人は少ないように見えます。

 おじいちゃんなのにとからかったり、『ガンダム』の有名セリフを用いて遊び半分に言及しているアニメファンも多いことから、不倫騒動自体は尾を引かないのではと思います。

 ただ、懸念されるのが『名探偵コナン』の安室透の名言を使って、女性を口説いていたということ。これに関して、キャラクターの私物化だと非難する声が多く上がっており、安室透のファンは許しがたいようです」

以前から「キャラの私物化」が目に余ると指摘
 さらに『名探偵コナン』の原作者・青山剛昌の意向次第ではキャラクターの存続も危ういという。

「特に安室透の本職は公安警察であり、常に危険にさらされているキャラクター。古谷の不倫騒動をきっかけに存在ごと消されてしまう可能性もあり、それならばいっそ…と交代を望む声も聞かれます」

 古谷は以前からSNSで安室透と自身を同一化したような言葉を発信しており、一部の安室透ファンから問題視されていたという。不祥事があっても『キャラクターと声優は別人格』と考え、許容していたファンだからこそ、混同されることに嫌悪感を示すのだろう。

 他にも2020年には声優の岡本信彦(37)が、2017年には浪川大輔(48)が『文春オンライン』にて不倫を報じられているが、現在は両者とも仕事へ支障をきたすことなく活躍している。

 数々の有名キャラクターを演じてきた古谷徹、晩年を汚すことなく過ごしてほしいものだ。

(コクハク編集部)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代