期待はずれと面白かった「春ドラマ」をアラフォーに聞く!『アンメット』は好評じゃないの?

公開日: 更新日:
コクハク

【日めくりコクハク】

 2024年4月スタートの春ドラマが、続々とクライマックスを迎えていますね。結局、どれが面白かった? つまらなかった? アラフォー女達のリアルで勝手な意見を聞いてみました。

 アラフォーともなると、仕事や育児などもありドラマにどっぷり浸かってもいられない。一方で、忙しい生活の潤いとなっているのもドラマだったりします。そんな女達の感想は世間と同じなのでしょうか?

一番人気はやっぱり『アンチヒーロー』!

 まず、もっとも評価が高かったのはやはり日曜劇場『アンチヒーロー』(TBS系)でした。その理由って?

長谷川博己ここにあり! 冤罪という重たいテーマながら、日曜夜でも視聴できたのは、長谷川博己あってこそ。不自然かつ演技がかったセリフ語尾も本心を見せない明墨のキャラをうまく表していたなあと。

 木村佳乃はもう少し登場シーンがあったら、最終回に感じたキャスティングの限界は回避できた気がして残念。特番やSEASON2を期待してます」(企画・45歳)

「長谷川博己のスタイルの良さとニヒルな表情にやられた! 出演者、全員素晴らしかったと思う。話は複雑だったし真犯人はわからなかったけど、全体的に引き込まれた。miletの歌う主題歌も荘厳で好きでした」(出版・43歳)

「日曜劇場お約束ともいえる顔芸あり、逆転劇のスッキリ感ありで、難しいことを考えずに楽しめた。王道ともいえる展開だけど、人物の描き方に余白があった点も良かった。

 背景を視聴者が知りすぎないことで不条理感が増したし、最後も行動原理だけを紐解いている点がまさに『人間ドラマだねー』と感じた。あと、緒方直人が魅力的だった」(印刷・46歳)

大河と朝ドラ強し!安定の『光る君へ』と『虎に翼』

 次に「面白い」という声が多かったのは大河ドラマ光る君へ』と連続テレビ小説『虎に翼』(ともにNHK)でした。まずは『光る君へ』の感想から。

「今年の大河は面白い! 去年は途中でリタイアしたのですが(笑)、今期は夫婦で毎週楽しみに見てます。少女漫画っぽいところもあるけど、そこが良い。平安時代がこんなに興味深いなんて知らなかった。私も夫も中国語が分かるので、中国語が出てくる点も嬉しいです」(翻訳・42歳)

「まひろと道長の恋愛を軸に描く人間模様がめちゃくちゃ面白いです。やっぱり大石静先生はすごい! 現代の恋愛ドラマを見る感覚で楽しんでいます。中宮定子と清少納言の関係も尊くて、なぜ清少納言がこの世界を愛でる『枕草子』を書いたのかがよくわかる。

 学生時代に見ていたら古典を違った目線で捉えられたんだろうなと思うと、今の中高生が羨ましいです」(編集・40歳)

 一方、『虎に翼』は?

「これまでのヒロイン像をぶち破っていて爽快。寅子の生理についての描写や轟の花岡への思いなど、これまであまり触れなかった部分を丁寧に描いているのが好印象です。全体的に、人と人との関わりの描き方が素晴らしいですね」(美容・41歳)

「オープニングで流れる映像や米津玄師の楽曲がドラマの世界観にマッチしていて最高。女性初の弁護士というテーマにも惹かれる。女性にとってつらい時代だったろうけど、コミカルに描かれるので楽しく見られる。一方で重要なシーンは深く描かれるなど緩急があり、飽きずにいられる」(観光・43歳)

クドカン脚本『季節のない街』、『Destiny』も意外と好評?
 ほか、宮藤官九郎脚本の『季節のない街』(テレビ東京系)には「昔のストーリーを踏襲しつつ、現代劇にアレンジしてる余白の残し方がグッと来た」(脚本家・40歳)。

 酷評されていた『Destiny』(テレビ朝日系)にも「最終回の謎の回収が独白で終わってあれれと思ったけど、最後まで見ちゃった。美男美女の恋愛はいいね」(ライター・41歳)などの好意的なコメントがあったものの、多くの票が入った作品は上記の3作品のみでした。

「『我慢の3話』までたどり着けなかった作品ばかりだった」「興味がなくチェックすらしていない」というコメントもあった今期。

 では、「正直、期待はずれだった」ドラマについても聞いてみましょう!

期待はずれNo.1は? 大本命『アンメット』にも意外な声

良くも悪くもキムタク様!『Believe -君にかける橋-』
 まず、賛否両方の意見があったのは木村拓哉主演ドラマ『Believe -君にかける橋-』(テレビ朝日系)。

「建築士界隈で話題になっており、夫に付き合って一緒に見たら結構面白かった。最初は映画『ショーシャンクの空に』かよ! とツッコんでいたけど、なんだかんだキムタクが好きです(笑)。でも、何でも見る子供が珍しく拒否反応を示していた。脱獄犯という設定が怖かったみたい」(建築・44歳)

 と、ストーリーに引き込まれた人がいる一方で「誰にも共感できず、見るのがキツかった」(企画・45歳)と、キャラクター性に疑問を持つ声が。

『東京タワー』の狙いすぎ感にウンザリ
 20歳年上の女性と青年の許されざる恋を描く『東京タワー』(テレビ朝日系)には「登場人物の描き方が浅くて、全体的に残念だった。『女はこういうのが好きなんでしょ?』という制作陣の狙いが透けて見えて萎えた」(放送・39歳)、「そもそも永瀬廉がタイプじゃないし、相手の女優(板谷由夏)も好きじゃない」(販売・43歳)などの辛辣なコメントが多数。

 ただし、「自分とは縁がない世界すぎて、世の中の主婦はこうやって不倫してるのか…と興味深く見ていた。夫との行為の際に、このドラマのシチュエーションを想像していたことは秘密です(笑)」(俳優・48歳)と、楽しんだ人もいたよう。

期待値が高すぎた?『イップス』にガッカリ

 また、期待はずれだったドラマとして最も声が上がったのは、バカリズムと篠原涼子主演で話題の『イップス』(フジテレビ系)でした。

「篠原涼子の演技は時代錯誤で、髪の毛かきあげ仕草と斜め45度から見上げる眼力と何もかもが古臭く、見ているこっちが恥ずかしくなるレベル(笑)」(営業・46歳)

「特に興味が持てず1話で切りました。バカリズムと篠原涼子のキャラが弱いためか、どこか既視感のあるシーンばかりに見えた。あと、刑事コロンボみたいな構成はどうしても名作『古畑任三郎』と比べてしまう」(翻訳・42歳)

『アンメット』が低評価の理由は…

 そして、今期の大本命。No.1作品とも言われる『アンメット ある脳外科医の日記』(フジテレビ系)ですが、なんと今回「面白かった」作品に上げた人はゼロ! どうした、アラフォー。

「なんか医者の記憶喪失モノ…『アンメット』でしたっけ。2話ぐらいまで見たけど、続きを見たいと思えるようなワクワク感がなくて止めちゃいました。シリアスな作品は気合いを入れないと見れません」(介護・42歳)

「評判が良かったので見たけど、重くて止めた。ドラマぐらい楽しく見たい」(広告・43歳)

「一気見する予定ですが、まだ手を付けてなく。記憶喪失や医療ヒューマンドラマなど、エンターテインメント性にも乏しいものは、気力と時間がないと避けたくなるお年頃…」(経理・46歳)

 と、『アンメット』に対する低評価の理由はほぼ同じ。人生に疲れているアラフォーならではの意見ですね。世間では高評価のようですし、環境が変われば評価も変わるのかも?


 ほか、『9ボーダー』(TBS系)には「年下の若者の恋愛ドラマだと思うと見る気がなくなった」(ライター・43歳)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)には「ガチャガチャしてて疲れてしまった」(飲食・40歳)。

 そして『くるり~誰が私と恋をした?~』(TBS系)には「美女とイケメンの組み合わせに憧れたけど、美しすぎてファンタジーにしか思えず、入り込めなかった」(編集・44歳)という意見も。

7月期に期待!

 人の好みは人それぞれ…とはいうものの、全体的に小粒感が漂っていた2024年4月期。隠れた名作もきっとあったのでしょうが、残念ながら一般層には届いていない様子でした。7月からのドラマに期待します!

(編集MS/コクハク編集部)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  2. 2

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 3

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  1. 6

    くすぶっていた木村拓哉&新垣結衣“身長差問題”は杞憂? 「教場0」で相まみえるシーン複数

  2. 7

    昭恵夫人が講演で“固まる”珍事…参加者に旧統一教会の政治団体会員、質疑で安倍元首相を礼賛

  3. 8

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  4. 9

    11日開幕エビアン選手権でわかる? 渋野日向子「完全復活」の試金石

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」