朝ドラ「虎に翼」ウラの見所~はるさん、急過ぎる。猪爪家の歴史が刻まれたはるの日記は“永久保存”希望

公開日: 更新日:
コクハク

NHK朝ドラ「虎に翼」~第12週「家に女房なきは火のない炉のごとし?」#59

【朝ドラのツボ!】

 猪爪家を飛び出した道男(和田庵)。泊めると言い出したのは自分だと責任を感じているはる(石田ゆり子)は心労がたたって倒れてしまう。

 寅子(伊藤沙莉)ははるに会わせようと道男を探しに行き、上野のよね(土居志央梨)と轟(戸塚純貴)を訪ねる。

【本日のツボ】

はるの日記
 ※※以下、ネタバレあります※※

 油断していました。よもや、はるが亡くなるなんて。思いもしませんでした。だって、つい3日ほど前はあんなに元気だったのに…。急過ぎます。おかげで、後半、ずっと涙が止まりませんでした。

 それにしても道男です。見たところ、もう立派な成人男性のように見えるのですが、“浮浪児”ということで合っているのかなあと、児童福祉法を調べてみると、なんと18歳未満は児童だったのですね、法律上は。

 そんな道男、花江(森田望智)に対して「おばさん、キレイな顔してんな」発言に続き、直道(上川周作)のジャケットを着た道男を見て涙ぐむ花江に、「オレ、なれないかな、その人の代わりに。花江ちゃん、優しいし、いい人だし、きれいだし。だからオレ、オレ…」と迫っていました。

 相当の年上好きなのでしょうか。この頃、寅子が34歳ということは同級生の花江も同い年なので、下手すれば20ほども年の差があるのではないか、と。

 もっとも、先日、3度目の結婚を発表した熊谷真実(64)の2番目の夫はたしか18歳年下でしたし、三原じゅん子議員(59)も24歳年下の夫、というと、ありといえばありなわけですが…。

 そのせいで、猪爪家から飛び出てしまうことになり、気に病んだはるが心臓を悪くしたのだとしたら、こんなに悲しいことはありません。

 猪爪家にしてみれば、道男はとんでもない疫病神になりますが、そうではなく、最後の力を振り絞って道男を抱きしめるはる。愛をもって道夫を正しい道へと導きます。

猪爪家の歴史そのもの

 はるが亡くなる直前、「いやだーいやだー」と駄々っ子のように泣き叫ぶ寅子。彼女にとってどれだけ母の存在が大きかったかがわかります。

 最後に、「日記は焼いてね」「恥ずかしいから」というのもいかにもはるらしく…。とはいえ、あの日記は夫・直言(岡部たかし)の危機を救った大切なもの。猪爪家の歴史が刻まれたものなので、本人の希望とはいえ、焼かずに保存しておいてほしいと願います。

 とにもかくにもはるさん、お疲れさまでした。亡くなってもきっと優三(仲野太賀)のように寅子のもとに現れてくれますよね。

(桧山珠美/TVコラムニスト)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  2. 2

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 3

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  1. 6

    くすぶっていた木村拓哉&新垣結衣“身長差問題”は杞憂? 「教場0」で相まみえるシーン複数

  2. 7

    昭恵夫人が講演で“固まる”珍事…参加者に旧統一教会の政治団体会員、質疑で安倍元首相を礼賛

  3. 8

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  4. 9

    11日開幕エビアン選手権でわかる? 渋野日向子「完全復活」の試金石

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」