朝ドラ「虎に翼」ウラの見所~“候補者名簿”に「コロンコロン」の文字。おまけに《脚本協力 足立紳》と来れば…

公開日: 更新日:
コクハク

NHK朝ドラ「虎に翼」~第13週「女房は掃きだめから拾え?」#61

【朝ドラのツボ!】

 寅子(伊藤沙莉)は「特例判事補」になり仕事が増えて大忙し。多岐川(滝藤賢一)は家庭裁判所の存在を広く知ってもらうために「愛のコンサート」を開くと言い出し、出演歌手の交渉を寅子に任せる。

 ある日、家庭裁判所の当番を担当した寅子の元にやってきた女性・元山すみれ(武田梨奈)の相談は、寅子のよく知る人物の家庭に関わるものだった。

【本日のツボ】

「コロンコロン」
 ※※以下、ネタバレあります※※

 1949年4月、はる(石田ゆり子)の逝去から2カ月近くが経ち、猪爪家にも日常が戻ってきたようです。

「特例判事補」になり多忙な寅子と家を守る花江(森田望智)。もともと女学校からの親友ということもあるのでしょうが、理想的な共同生活を送っていて羨ましい限りです。

 笹山のおいちゃん(田中要次)の寿司屋で住み込み修業することになった道男(和田庵)、先週で退場かと思いきや、猪爪家で夕食を食べていました。もう逃げてきたのかと心配になりましたが、そうではなく、遊びに来ていただけでほっ。

 道男にも帰る家があって良かったです。「花江ちゃん」呼びは気になりましたが…。言われた花江も、子どもたちも笑っていたので良しとしましょう。

 東京家庭裁判所では独立庁舎が完成。お披露目の席で多岐川が家庭裁判所の存在を広く知らせるために、「家裁広報月間」を設け、「愛のコンサート」を開くと発表しました。

 寅子たちがコンサートの出演者を探すなか、調べていた名簿のなかに、懐かしい「コロンコロン」の名がありました。

「コロンコロン」レコードといえば、前作「ブギウギ」のヒロイン・福来スズ子の所属するレコード会社ではありませんか。これはひょっとして、ひょっとするかも!?

 そういえば、寅子のモデル三淵嘉子も、「ブギウギ」福来スズ子のモデル笠置シヅ子も、同じ1914年(大正3年)生まれで、同時代に生きた2人ですから。

 これまでも「梅丸少女歌劇団」や「東京ブギウギ」が劇中に登場しましたが、いよいよご本人登場! となるのではと期待が膨らみます。

 オープニングのタイトルバックに《脚本協力 足立紳》と書かれていたのも引っかかります。なんだかズキズキワクワクしてきました。


(桧山珠美/TVコラムニスト)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方