女性遍歴を実名交え…長門裕之が「買うな」と訴えた暴露本

公開日: 更新日:

ー1985年10月ー

 2011年5月21日に77歳で亡くなった長門裕之。晩年は妻の南田洋子(09年10月死去)を介護する姿がしばしば報じられた。芸能界を代表するオシドリ夫婦で、妻とのペア出演も多かった大物俳優は、一時、「筆禍」事件で表舞台から消えていた――。

 85年10月21日、一冊の本が出版された。タイトルは「洋子へ 長門裕之の愛の落書集」。

 当時、出版界は江本孟紀の「プロ野球を10倍楽しく見る方法」やダン池田の「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」が大ヒットする暴露本ブーム。内部告発が話題をさらった時代だ。

 長門の「洋子へ」も、版元のパブリシティーが成功してバカ売れ。発売初日に初版2万部がはけて、最終的に50万部を売るベストセラーになった。普通なら長門も版元もウハウハだ。ところが、長門は奇妙な記者会見を開く。「こんな本はダメ」「出版社が捏造した」「買わないで」と真っ青になって訴える光景が、テレビで繰り返し放送された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  8. 8

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る