女性遍歴を実名交え…長門裕之が「買うな」と訴えた暴露本

公開日: 更新日:

ー1985年10月ー

 2011年5月21日に77歳で亡くなった長門裕之。晩年は妻の南田洋子(09年10月死去)を介護する姿がしばしば報じられた。芸能界を代表するオシドリ夫婦で、妻とのペア出演も多かった大物俳優は、一時、「筆禍」事件で表舞台から消えていた――。

 85年10月21日、一冊の本が出版された。タイトルは「洋子へ 長門裕之の愛の落書集」。

 当時、出版界は江本孟紀の「プロ野球を10倍楽しく見る方法」やダン池田の「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」が大ヒットする暴露本ブーム。内部告発が話題をさらった時代だ。

 長門の「洋子へ」も、版元のパブリシティーが成功してバカ売れ。発売初日に初版2万部がはけて、最終的に50万部を売るベストセラーになった。普通なら長門も版元もウハウハだ。ところが、長門は奇妙な記者会見を開く。「こんな本はダメ」「出版社が捏造した」「買わないで」と真っ青になって訴える光景が、テレビで繰り返し放送された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る