• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性遍歴を実名交え…長門裕之が「買うな」と訴えた暴露本

ー1985年10月ー

 2011年5月21日に77歳で亡くなった長門裕之。晩年は妻の南田洋子(09年10月死去)を介護する姿がしばしば報じられた。芸能界を代表するオシドリ夫婦で、妻とのペア出演も多かった大物俳優は、一時、「筆禍」事件で表舞台から消えていた――。

 85年10月21日、一冊の本が出版された。タイトルは「洋子へ 長門裕之の愛の落書集」。

 当時、出版界は江本孟紀の「プロ野球を10倍楽しく見る方法」やダン池田の「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」が大ヒットする暴露本ブーム。内部告発が話題をさらった時代だ。

 長門の「洋子へ」も、版元のパブリシティーが成功してバカ売れ。発売初日に初版2万部がはけて、最終的に50万部を売るベストセラーになった。普通なら長門も版元もウハウハだ。ところが、長門は奇妙な記者会見を開く。「こんな本はダメ」「出版社が捏造した」「買わないで」と真っ青になって訴える光景が、テレビで繰り返し放送された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る