女性遍歴を実名交え…長門裕之が「買うな」と訴えた暴露本

公開日: 更新日:

ー1985年10月ー

 2011年5月21日に77歳で亡くなった長門裕之。晩年は妻の南田洋子(09年10月死去)を介護する姿がしばしば報じられた。芸能界を代表するオシドリ夫婦で、妻とのペア出演も多かった大物俳優は、一時、「筆禍」事件で表舞台から消えていた――。

 85年10月21日、一冊の本が出版された。タイトルは「洋子へ 長門裕之の愛の落書集」。

 当時、出版界は江本孟紀の「プロ野球を10倍楽しく見る方法」やダン池田の「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」が大ヒットする暴露本ブーム。内部告発が話題をさらった時代だ。

 長門の「洋子へ」も、版元のパブリシティーが成功してバカ売れ。発売初日に初版2万部がはけて、最終的に50万部を売るベストセラーになった。普通なら長門も版元もウハウハだ。ところが、長門は奇妙な記者会見を開く。「こんな本はダメ」「出版社が捏造した」「買わないで」と真っ青になって訴える光景が、テレビで繰り返し放送された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る