写真誌スクープ合戦で丸裸に 「火宅の人」竹脇無我の私生活

公開日: 更新日:

 そして無我のスキャンダルはこのあたりから姿を消すことになる。深刻な病魔に襲われたのだ。NHKアナウンサーだった無我の父・昌作氏は49歳で自殺したが、無我はこれがトラウマになり、父が亡くなった年齢以上に長生きできるか悩んで93年頃からうつ病を患った。93年は無我がちょうど49歳の年だ。俳優は休業。97年正式に離婚。01年に舞台やテレビに復帰したが、往年の二枚目の面影はもはやなかった。

 ただ、かつての面影を忍ばせたのは死去でわかった生活だ。一緒に暮らしていたのは40代の長身の「内縁の妻」。最後まで傍らに女がいた。

◇1986年2月 2月1日に、東京都中野区の富士見中学で、中学生がいじめを苦に自殺した。いじめグループが嫌がらせで行った「葬式ごっこ」に担任ら4人の教師が加わっていたことが発覚。世界に目を向ければ、25日、フィリピンで政変。マルコス大統領とイメルダ夫人はハワイに脱出。アキノ女史が大統領に就任した。85年のプラザ合意でドル安が合意され、240円台で推移していたドルが120円台になったのがこの頃だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  6. 6

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る