写真誌スクープ合戦で丸裸に 「火宅の人」竹脇無我の私生活

公開日: 更新日:

 そして無我のスキャンダルはこのあたりから姿を消すことになる。深刻な病魔に襲われたのだ。NHKアナウンサーだった無我の父・昌作氏は49歳で自殺したが、無我はこれがトラウマになり、父が亡くなった年齢以上に長生きできるか悩んで93年頃からうつ病を患った。93年は無我がちょうど49歳の年だ。俳優は休業。97年正式に離婚。01年に舞台やテレビに復帰したが、往年の二枚目の面影はもはやなかった。

 ただ、かつての面影を忍ばせたのは死去でわかった生活だ。一緒に暮らしていたのは40代の長身の「内縁の妻」。最後まで傍らに女がいた。

◇1986年2月 2月1日に、東京都中野区の富士見中学で、中学生がいじめを苦に自殺した。いじめグループが嫌がらせで行った「葬式ごっこ」に担任ら4人の教師が加わっていたことが発覚。世界に目を向ければ、25日、フィリピンで政変。マルコス大統領とイメルダ夫人はハワイに脱出。アキノ女史が大統領に就任した。85年のプラザ合意でドル安が合意され、240円台で推移していたドルが120円台になったのがこの頃だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る