ハタチの菅野美穂 「ヘアヌード写真集」で号泣会見の舞台裏

公開日:  更新日:

<1997年8月>

 1991年に宮沢りえが「Santa Fe」を発売して以来、90年代はヘアヌード写真集ブームが続き、仕掛け人が次に誰を脱がせるかを競う一方、マスコミは写真をスッパ抜くことに必死になった。そんな時代に大問題になったのが菅野美穂(34)だ。

 菅野がヘアヌード写真集「NUDITY」を発売したのは20歳の誕生日97年8月22日のこと。カメラマンは宮澤正明。すべて極秘に進められて前日21日、誕生パーティーで華々しく発表されるはずだった。だが、予期せぬ事態が起きた。

 21日朝、スポーツ紙が「菅野ヘアヌード写真集あす緊急発売」とスッパ抜き、ある週刊誌のグラビアにも当時まだアイドルだった菅野の過激なヘア写真が掲載された。

 全144ページのうち50ページ弱がオールヌード。全裸でシャワーを浴び、濡れた裸体をタオルで拭く一部始終、ベッドに横たわるシーンも。薄目を開け、頬は紅潮、口を半開きにして汗ばんだ体……。まさに“官能”写真だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る