吉田拓郎「金沢事件」 女子大生の狂言でCM自粛、放送禁止に

公開日: 更新日:

ー1973年5月ー

 食道がんを克服した桑田佳祐が宮城で復活ライブを行った。パワフルな桑田を見て誰もが「あの人は……」と思い浮かべたのが、肺がんを患った吉田拓郎(65)。8年前に手術。2年前には生涯最後と銘打った全国ツアーを途中で打ち切る事態になったが、今はラジオ「オールナイトニッポンGOLD」にレギュラー出演している。そんな拓郎にも人に歴史ありのスキャンダルがあった。

「男を殴り、女性を監禁して乱暴した」「落ちた偶像」……。

 拓郎が一斉にバッシングされたのは1973年。5月23日朝、拓郎宅に石川県警金沢中署の3人の刑事がやってきた。容疑は“婦女暴行致傷”。警視庁の取調室で逮捕され、手錠をかけられた拓郎は金沢に連行された。マスコミはこれに飛びついた。ヒットを連発し、“テレビ出演拒否宣言”など生意気な言動にイラだっていたこともあり、「フォークの貴公子」をこき下ろした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る