梨元勝死去後 復帰した佐良直美が改めて否定した“あの騒動”

公開日: 更新日:

ー1980年5月ー

 オネエブームで、今やテレビで同性愛や性同一性障害を公言するタレントも少なくない。しかし、まだタブーとされていた80年代初頭に世間を騒がせた同性愛騒動が巻き起こった。追及したのは昨年亡くなった芸能リポーターの梨元勝――。

 1980年5月19日、テレビ朝日のワイドショー「アフタヌーンショー」には涙まじりに別居を余儀なくされた“恋人”への愛を語るキャッシー(当時29歳)の姿が映し出された。キャッシーはバラエティーの司会者などで活躍したタレント。父がアメリカ人、母もハーフの両親から受け継いだ風貌と大阪弁の語りのギャップも受けて人気だった。

 キャッシーが訴えかけた「恋人」は歌手の佐良直美(当時35歳)。佐良は67年のデビュー曲「世界は二人のために」が120万枚の大ヒット。紅白歌合戦には連続13回出場した。そのうち5回は紅組の司会を務めた。女優としても高視聴率を誇ったホームドラマ「肝っ玉かあさん」や「ありがとう」に出演して活躍した。田園調布雙葉高、日大芸術学部卒という学歴とボーイッシュなイメージで人気者だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る