会場がどよめいた…川﨑麻世「女房同伴不倫会見」の顛末

公開日: 更新日:

ー1993年7月ー

 タレントの不倫騒動は日常茶飯事で、最近は大騒ぎになるケースは減っているが、かつて不倫はスキャンダルの代名詞。90年代、女房“同席”の前代未聞の記者会見を開いたのは川﨑麻世(当時30)。

 1993年7月15日夜。東京・宝塚劇場の稽古場に大勢の報道陣が集まった。写真誌「フライデー」が掲載した斉藤由貴(同26)との不倫について設けられた釈明会見だった。しかし、年上の女房カイヤ(同31)が川﨑を先導して出てきたから会場はどよめいた。しかも、お揃いのジーンズ、Tシャツ、ブーツというありえないペアルック。カイヤは会見の間中、仁王立ちで腕組みをし、亭主の言い分を一言も聞き漏らさず、鋭い眼光でにらみつけていた。

 無精ヒゲを伸ばし、憔悴(しょうすい)しきった表情で涙声で語る川﨑。「3年前にすごく幸せな結婚式を挙げて、頑張ろうという気持ちできたんですが――。素晴らしい家庭がありながら、バカだったと思います」「ひたすら謝りました。深く反省してこれからちゃんとやっていこうと思っています。離婚? そういう気持ちはまったくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る