時を経ても風化しない アイドル岡田有希子の「自殺の現場」

公開日:  更新日:

ー1986年4月ー

 25年前、18歳の人気アイドルが飛び降り自殺を遂げた。早すぎる死は惜しまれ、彼女の墓にはいまだに献花に訪れるファンは多い。当時は「ユッコ・シンドローム」と呼ばれる後追い自殺が続いて社会現象となった。

 1986年4月8日正午過ぎの四谷4丁目交差点。昼食を食べに出たサラリーマンらはドスンという音に驚いた。交差点の角にある芸能プロ「サンミュージック」の入ったビルの下には、6階建てのビルの屋上から飛び降りた岡田有希子が頭から血を流して倒れていた。会社に向かおうと、ちょうど現場付近に着いた担当マネジャーは直感的に「有希子!」と駆け寄った。

 予感はあった。その日の午前10時過ぎ、有希子は自宅マンションで手首を切り、ガス栓を開けて押し入れの中で泣いていた。ガスの臭いに気づいた住民が通報し、消防隊員に発見され、その日休みだった担当マネジャーが急きょ呼び出されていたのである。彼女は病院で手首の縫合を受けた後、危惧したサンミュージック専務らによって同社内で見守られていた。しかし、スタッフが目を離した一瞬のすきを突き、彼女が姿を消した。直後、有希子は屋上に駆け上がって身を投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る