時を経ても風化しない アイドル岡田有希子の「自殺の現場」

公開日: 更新日:

ー1986年4月ー

 25年前、18歳の人気アイドルが飛び降り自殺を遂げた。早すぎる死は惜しまれ、彼女の墓にはいまだに献花に訪れるファンは多い。当時は「ユッコ・シンドローム」と呼ばれる後追い自殺が続いて社会現象となった。

 1986年4月8日正午過ぎの四谷4丁目交差点。昼食を食べに出たサラリーマンらはドスンという音に驚いた。交差点の角にある芸能プロ「サンミュージック」の入ったビルの下には、6階建てのビルの屋上から飛び降りた岡田有希子が頭から血を流して倒れていた。会社に向かおうと、ちょうど現場付近に着いた担当マネジャーは直感的に「有希子!」と駆け寄った。

 予感はあった。その日の午前10時過ぎ、有希子は自宅マンションで手首を切り、ガス栓を開けて押し入れの中で泣いていた。ガスの臭いに気づいた住民が通報し、消防隊員に発見され、その日休みだった担当マネジャーが急きょ呼び出されていたのである。彼女は病院で手首の縫合を受けた後、危惧したサンミュージック専務らによって同社内で見守られていた。しかし、スタッフが目を離した一瞬のすきを突き、彼女が姿を消した。直後、有希子は屋上に駆け上がって身を投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る