清純派から“魔性の女”に 荻野目慶子を襲った新進監督の自殺

公開日: 更新日:

ー1990年4月ー

 不倫相手が自宅で首を吊って自殺――。そんな前代未聞のスキャンダルが起きたのは1990年4月のこと。「魔性の女」といわれた荻野目慶子の消せない過去だ。

 4月30日の午後4時過ぎ、自宅に戻った荻野目慶子(当時25)は台所で首を吊っている河合義隆監督(享年43)を発見。荻野目の電話によって駆けつけた警視庁成城署によると、河合監督は自殺で死亡推定時刻は30日午前4時だった。

 新進の映画監督が人気女優と不倫の果てに首を吊るという絵に描いたような騒動。荻野目は14歳の時の舞台「奇跡の人」で三重苦の難役ヘレン・ケラーを演じて天才少女と絶賛され、映画「南極物語」に抜擢されて、可憐な演技で注目を集めた清純派だった。ところが、そんなイメージもズタズタ。警察の事情聴取で荻野目が「私から別れ話を持ち出したら<別れるくらいなら死にたい>と言った」と涙ながらに語ったことが報道された。だが、記者会見は開かれず、荻野目の声は聞けないまま。荻野目がショックでコメントできる状況にないという説明だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る