濃厚キス7回 “元祖・格差婚”小柳ルミ子&大澄賢也の披露宴

公開日: 更新日:

ー1989年4月ー

 2007年、話題になった藤原紀香と陣内智則の「格差婚」。妻の収入や格が夫をはるかにしのぐ場合に使われるようになった。80年代の終わりにも「格差婚」カップルが誕生し、芸能マスコミは振り回された。

 1989年4月6日、東京・芝の東京プリンスホテルで総費用3億円ともいわれる豪華な披露宴が行われた。テレビ局やレコード会社の社長、デヴィ夫人田原俊彦、研ナオコ、堺正章らの挨拶が終わると、新郎新婦の息のあったダンスが繰り広げられ、踊り終わった2人はテレビカメラの前で15秒にも及ぶねっとりとしたディープキスをかわした。間近で目にした記者によれば「唾液が糸を引くように見えた」という濃厚さ。その日の2人のディープキスは合計7回にも及んだ。

 この結婚式の新婦は小柳ルミ子(当時36)、新郎は小柳のバックダンサーを務めていた大澄賢也(当時23)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る