濃厚キス7回 “元祖・格差婚”小柳ルミ子&大澄賢也の披露宴

公開日: 更新日:

ー1989年4月ー

 2007年、話題になった藤原紀香と陣内智則の「格差婚」。妻の収入や格が夫をはるかにしのぐ場合に使われるようになった。80年代の終わりにも「格差婚」カップルが誕生し、芸能マスコミは振り回された。

 1989年4月6日、東京・芝の東京プリンスホテルで総費用3億円ともいわれる豪華な披露宴が行われた。テレビ局やレコード会社の社長、デヴィ夫人田原俊彦、研ナオコ、堺正章らの挨拶が終わると、新郎新婦の息のあったダンスが繰り広げられ、踊り終わった2人はテレビカメラの前で15秒にも及ぶねっとりとしたディープキスをかわした。間近で目にした記者によれば「唾液が糸を引くように見えた」という濃厚さ。その日の2人のディープキスは合計7回にも及んだ。

 この結婚式の新婦は小柳ルミ子(当時36)、新郎は小柳のバックダンサーを務めていた大澄賢也(当時23)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る