• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気アナ小島一慶 コールガール騒動から暴行容疑で告訴まで

ー1991年3月ー

 ラジオとテレビで人気アナウンサーとして活躍していた小島一慶(当時46)。不倫と買春疑惑が報じられて大騒動になったのは1991年のことだ。

 スキャンダルを報じたのは写真週刊誌「フォーカス」。当時、出演契約していたテレビ朝日が小島のために借りていたホテルの部屋に、コールガールとおぼしき外国人女性が訪ねる姿が掲載された。それと同時に、同誌は小島がパーソナリティーを務める番組スタッフだった女性が、小島との不倫を理由に、夫に離婚されていたという記事も掲載した。

 この女性は前年4月にも、小島の宿泊していたホテルの部屋を訪ねたところを知人に目撃され、家庭争議が始まったという。小島は事実を否定したが、マスコミは人気アナの女性スキャンダルに沸き立った。

 3月15日、小島がやむにやまれず記者会見を開く。出た言葉は「自分の軽挙妄動を恥じると同時に、自分が一番大事にしていた放送の場から引くことに決めました。これまで応援してくれたファンの皆さまには、こんなバカなことをしたバカな男がいたと伝えて下さい」と廃業を宣言した。しまいには目を赤くして大粒の涙を流しながら「俺って、どうしようもないなあ」と声を絞り出すように、誰にともなくつぶやいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る