人気アナ小島一慶 コールガール騒動から暴行容疑で告訴まで

公開日:  更新日:

ー1991年3月ー

 ラジオとテレビで人気アナウンサーとして活躍していた小島一慶(当時46)。不倫と買春疑惑が報じられて大騒動になったのは1991年のことだ。

 スキャンダルを報じたのは写真週刊誌「フォーカス」。当時、出演契約していたテレビ朝日が小島のために借りていたホテルの部屋に、コールガールとおぼしき外国人女性が訪ねる姿が掲載された。それと同時に、同誌は小島がパーソナリティーを務める番組スタッフだった女性が、小島との不倫を理由に、夫に離婚されていたという記事も掲載した。

 この女性は前年4月にも、小島の宿泊していたホテルの部屋を訪ねたところを知人に目撃され、家庭争議が始まったという。小島は事実を否定したが、マスコミは人気アナの女性スキャンダルに沸き立った。

 3月15日、小島がやむにやまれず記者会見を開く。出た言葉は「自分の軽挙妄動を恥じると同時に、自分が一番大事にしていた放送の場から引くことに決めました。これまで応援してくれたファンの皆さまには、こんなバカなことをしたバカな男がいたと伝えて下さい」と廃業を宣言した。しまいには目を赤くして大粒の涙を流しながら「俺って、どうしようもないなあ」と声を絞り出すように、誰にともなくつぶやいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る