復縁迫る前夫にメッタ刺しに…元アイドル江美早苗の“不運”

公開日:  更新日:

ー1988年3月ー

 由美かおる、奈美悦子らとともに西野バレエ団5人娘と呼ばれ、60年代から70年代にかけ、歌って踊れるタレントとして活躍した江美早苗。1972年の一時引退後、作詞家に転身し、中里綴、神田エミのペンネームで少年隊や中森明菜、南沙織らに楽曲提供を行うなど多方面で才能を発揮していたが、88年、東京・上大崎の自宅マンションで刺殺された。まだ36歳の若さだった。

 同年3月5日午後6時20分頃、江美宅から「死ぬ~」という叫び声が上がった。マンション住人の110番で駆けつけた警察官は血の海の中で倒れている江美を発見。すぐさま近くの病院に運ばれたが、午後7時5分に息を引き取った。犯人の男はマンション屋上に上って「飛び降りて死ぬ」などと叫びながら籠城したが、警官の説得を受け、約5時間半後、午前0時28分に逮捕された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る