復縁迫る前夫にメッタ刺しに…元アイドル江美早苗の“不運”

公開日: 更新日:

ー1988年3月ー

 由美かおる、奈美悦子らとともに西野バレエ団5人娘と呼ばれ、60年代から70年代にかけ、歌って踊れるタレントとして活躍した江美早苗。1972年の一時引退後、作詞家に転身し、中里綴、神田エミのペンネームで少年隊中森明菜、南沙織らに楽曲提供を行うなど多方面で才能を発揮していたが、88年、東京・上大崎の自宅マンションで刺殺された。まだ36歳の若さだった。

 同年3月5日午後6時20分頃、江美宅から「死ぬ~」という叫び声が上がった。マンション住人の110番で駆けつけた警察官は血の海の中で倒れている江美を発見。すぐさま近くの病院に運ばれたが、午後7時5分に息を引き取った。犯人の男はマンション屋上に上って「飛び降りて死ぬ」などと叫びながら籠城したが、警官の説得を受け、約5時間半後、午前0時28分に逮捕された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る