専業主婦も経験 浅田美代子、吉田拓郎との結婚から離婚まで

公開日: 更新日:

ー1977年7月ー

 連続ドラマ「時間ですよ」に出演、劇中歌「赤い風船」のヒットでブレークした浅田美代子。1977年7月に21歳で人気フォークシンガー、吉田拓郎と結婚し、芸能活動を一時休止した。

 以前から浅田のファンだったという吉田。74年の浅田への楽曲提供など仕事を共にする機会があったが、翌年、ドラマで共演した頃から浅田との熱愛が報じられるようになった。

 当時、吉田には妻がいた。「六文銭」の元メンバー、四角佳子だ。吉田のヒット曲「結婚しようよ」に合わせるように71年6月に結婚し、1歳半になる一人娘もいた。

 しかし、75年9月、吉田はラジオ深夜放送の番組中に四角との離婚を宣言した。「ぼくは決して女房は嫌いではない。好きな女なんだ。でも、暮らしていくのは耐えられない」と性格の不一致を強調。浅田とのウワサについて「関係ない」と否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る