安西マリア 刑事裁判にまで発展したマネジャーとの失踪事件

公開日: 更新日:

ー1978年4月ー

 デビュー曲の「涙の太陽」が大ヒットし、レコード大賞新人賞を受賞した安西マリアだが、1978年に失踪事件を起こす。人気歌手の突然の失踪劇はその後、裁判に発展して芸能界を震撼(しんかん)させるスキャンダルになった。

 安西が新曲「太陽が泣いている」のレコーディングをすっぽかし、姿を消したのは4月8日。当時24歳。所属プロダクションに「精神的にも肉体的にも疲れ、仕事ができるような状態ではありません。社長とお会いできるような状態でもありません」との手紙が届いたことで、5日後の13日にプロダクション社長が会見を開き、安西の失踪を発表した。安西の元マネジャーも姿を消していることから当初、この事件はマネジャーとタレントの駆け落ちとみられていた。

 しかし、失踪2週間後の21日、事件は急展開を見せる。安西の母親から「社長から暴行、強要を受けた」として被害届が出されたのだ。「愛の逃避行」は一転、「プロダクション社長によるタレント恐喝事件」に様変わりした。失踪から1カ月後の5月6日、プロダクション社長は強要容疑で逮捕された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る