安西マリア 刑事裁判にまで発展したマネジャーとの失踪事件

公開日:  更新日:

ー1978年4月ー

 デビュー曲の「涙の太陽」が大ヒットし、レコード大賞新人賞を受賞した安西マリアだが、1978年に失踪事件を起こす。人気歌手の突然の失踪劇はその後、裁判に発展して芸能界を震撼(しんかん)させるスキャンダルになった。

 安西が新曲「太陽が泣いている」のレコーディングをすっぽかし、姿を消したのは4月8日。当時24歳。所属プロダクションに「精神的にも肉体的にも疲れ、仕事ができるような状態ではありません。社長とお会いできるような状態でもありません」との手紙が届いたことで、5日後の13日にプロダクション社長が会見を開き、安西の失踪を発表した。安西の元マネジャーも姿を消していることから当初、この事件はマネジャーとタレントの駆け落ちとみられていた。

 しかし、失踪2週間後の21日、事件は急展開を見せる。安西の母親から「社長から暴行、強要を受けた」として被害届が出されたのだ。「愛の逃避行」は一転、「プロダクション社長によるタレント恐喝事件」に様変わりした。失踪から1カ月後の5月6日、プロダクション社長は強要容疑で逮捕された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る