2度も妻子持ちと…不倫相手の妻から刺された弘田三枝子

公開日: 更新日:

ー1977年1月ー

 1977年1月25日午前6時を少し回ったばかり。まだ薄暗い中、うつろな目をしたひとりの女性が港区の麻布警察署の正門前に現れ、当直の警官に「今、人を刺してきました」と言ったきり、その場に倒れこんだ。

 女性はジャズギタリストS(当時34)の妻A子(同29)。刺した相手は人気歌手の弘田三枝子(同29)だった。

 A子が果物ナイフを持って弘田の住むマンションに行ったのは午前4時20分。その時の気温は0度。寒さに震えながら物陰で40分以上も待ち続け、5時過ぎ、Sと一緒にタクシーから降りてきた弘田の背中を果物ナイフで3回、立て続けに刺した。傷の深さは1~1.5センチほど。刃先がもう少し深く入っていれば、腎臓に達する恐れもあったが、幸い急所は外れ、数日の入院で済んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    G岩隈 ようやく二軍の実戦初登板でも“来季現役続行”のワケ

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  7. 7

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  8. 8

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る