• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2度も妻子持ちと…不倫相手の妻から刺された弘田三枝子

ー1977年1月ー

 1977年1月25日午前6時を少し回ったばかり。まだ薄暗い中、うつろな目をしたひとりの女性が港区の麻布警察署の正門前に現れ、当直の警官に「今、人を刺してきました」と言ったきり、その場に倒れこんだ。

 女性はジャズギタリストS(当時34)の妻A子(同29)。刺した相手は人気歌手の弘田三枝子(同29)だった。

 A子が果物ナイフを持って弘田の住むマンションに行ったのは午前4時20分。その時の気温は0度。寒さに震えながら物陰で40分以上も待ち続け、5時過ぎ、Sと一緒にタクシーから降りてきた弘田の背中を果物ナイフで3回、立て続けに刺した。傷の深さは1~1.5センチほど。刃先がもう少し深く入っていれば、腎臓に達する恐れもあったが、幸い急所は外れ、数日の入院で済んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る