2度も妻子持ちと…不倫相手の妻から刺された弘田三枝子

公開日:  更新日:

ー1977年1月ー

 1977年1月25日午前6時を少し回ったばかり。まだ薄暗い中、うつろな目をしたひとりの女性が港区の麻布警察署の正門前に現れ、当直の警官に「今、人を刺してきました」と言ったきり、その場に倒れこんだ。

 女性はジャズギタリストS(当時34)の妻A子(同29)。刺した相手は人気歌手の弘田三枝子(同29)だった。

 A子が果物ナイフを持って弘田の住むマンションに行ったのは午前4時20分。その時の気温は0度。寒さに震えながら物陰で40分以上も待ち続け、5時過ぎ、Sと一緒にタクシーから降りてきた弘田の背中を果物ナイフで3回、立て続けに刺した。傷の深さは1~1.5センチほど。刃先がもう少し深く入っていれば、腎臓に達する恐れもあったが、幸い急所は外れ、数日の入院で済んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る