異色グループとして人気だった「ゴールデンハーフ」解散

公開日: 更新日:

ー1974年3月ー

 全員がハーフというメンバー構成に加え、驚異的な視聴率を稼いだドリフターズの番組にレギュラー出演し、人気になったゴールデンハーフ。メンバーの入れ替わりや脱退が相次ぎ、1974年3月に解散し、5年間の活動に終止符を打った。

 日本テレビ「ドリフターズ大作戦」のマスコットガールとしてスカウトされ、結成は69年夏。同年秋の番組スタート時はユミ、エバ、マリアのほか、マーガレット、タミー、ミキの計6人で活動した。番組ではカタコトの日本語コントとお色気が話題だった。番組は翌年3月に終了したが、同年8月にスリー・キャッツをカバーした「黄色いサクランボ」でレコードデビュー。しかし、結成時からそれまでの間にすでに数人のメンバーが入れ替わり、レコーディングはユミ、エバ、マリアにルナとエリーを加えた5人で行われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る