異色グループとして人気だった「ゴールデンハーフ」解散

公開日:  更新日:

ー1974年3月ー

 全員がハーフというメンバー構成に加え、驚異的な視聴率を稼いだドリフターズの番組にレギュラー出演し、人気になったゴールデンハーフ。メンバーの入れ替わりや脱退が相次ぎ、1974年3月に解散し、5年間の活動に終止符を打った。

 日本テレビ「ドリフターズ大作戦」のマスコットガールとしてスカウトされ、結成は69年夏。同年秋の番組スタート時はユミ、エバ、マリアのほか、マーガレット、タミー、ミキの計6人で活動した。番組ではカタコトの日本語コントとお色気が話題だった。番組は翌年3月に終了したが、同年8月にスリー・キャッツをカバーした「黄色いサクランボ」でレコードデビュー。しかし、結成時からそれまでの間にすでに数人のメンバーが入れ替わり、レコーディングはユミ、エバ、マリアにルナとエリーを加えた5人で行われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る