作曲家・歌手の平尾昌晃 “ドロ沼離婚”の末に幼妻とデキ婚

公開日: 更新日:

 同年7月早朝、A子さんは週刊誌記者を連れて平尾の東京・渋谷のマンションに乗り込み、部屋にいた深雪を直撃。玄関から顔を出した途端、カメラのフラッシュがたかれた。この時、深雪は16歳だった。

 朝から仕事があったため、母親と泊まっていただけだと、平尾は疑惑を否定。ただ、清純派歌手で売り出していた深雪のダメージは大きく、2枚のレコードを出した後に芸能界から姿を消してしまう。実質的な引退を余儀なくされたのである。

 一方、ドロ沼化していた平尾とA子さんの離婚問題は家裁に持ち込まれた。76年1月、離婚調停が成立。慰謝料は1億5000万円から1600万円まで一気に下げられた代わりに、長男が成人に達するまで養育費を毎月15万円払うことで決着した。離婚原因は差し障りなく“性格の不一致”ということにされた。

「どこにいるのか深雪の所在がまったくわからなくなり、平尾と別れたのではないかという臆測も飛び交いましたが、水面下ではちゃんと交際が続いていたんです」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  9. 9

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る