作曲家・歌手の平尾昌晃 “ドロ沼離婚”の末に幼妻とデキ婚

公開日: 更新日:

 78年に入る頃から再び平尾と深雪が一緒にいるところが目撃されるようになった。平尾による結婚報告が行われた7月時点で、深雪は妊娠8カ月だった。

「別れたA子さんが16歳下で深雪は21歳下。いわゆるデキ婚でしたが、10代の幼妻を懲りずにもらったのは平尾がとりわけ若い子好きだからに違いないと揶揄されたものでした」(同)

 10月に男の子が生まれて、81年3月には2人目の子ども(歌手の平尾勇気)を授かったが、幸せは長くは続かなかった。80年代半ば、離婚。平尾の仕事が忙しくなり、スレ違い生活が続いたせいだった。その後、深雪はニューヨークに渡り、再婚し、現地で日本料理店を開いた。

 前妻のA子さんもあまり幸せな生活には恵まれなかった。81年5月、フジサンケイグループの鹿内信隆社長(当時)の長男・春雄氏と子連れ再婚。春雄氏は前夫人と離婚が成立したばかりだった。翌年6月には男の子が生まれたが、その2カ月後、A子さんはくも膜下出血で急死。まだ29歳という若さだった。

◇1978年7月 7日、全英オープンテニス女子単でナブラチロワがエバートを破って初優勝。25日、昭和歌謡を代表する作曲家の古賀政男が急性心不全で死去。73歳だった。29日、隅田川花火が17年ぶりに復活。80万人が見物に訪れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  4. 4

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  7. 7

    家賃収入4000万円 “ママチャリ大家”の不動産投資人生<前>

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    衝撃の調査結果で再燃 JUMP山田涼介&中島裕翔の不仲説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る