• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自宅マンションから飛び降り自殺したポール牧の苦悩

ー2005年4月ー

「指パッチン」の芸などでお茶の間に親しまれ続けたポール牧が突然、飛び降り自殺したのは2005年4月のこと。晩年は出家して茨城県の寺の住職に納まっていただけに、だれもが驚いた。

 22日未明、西新宿の街にドシンという鈍い衝撃音が鳴り響いた。付近を通りかかっていたタクシーの運転手は歩道に血まみれで倒れている男性を発見。慌てて通報して男はすぐ救急車で病院に搬送された。足から落ちたようで顔はほぼ無傷だったが、全身の打撲がひどく、2時間後、死亡が確認された。男性はこのマンションに住むポール牧(享年63)。

 9階にある部屋の窓は開いたままで手すりに乗り越えた跡があった。メールがすべて消去された携帯電話が残され、遺書もなかったが、自殺と断定された。

 かつての相方、関武志や三波伸介、東八郎などが次々と物故する中、ほとんど最後の世代の浅草の軽演劇界の生き残り芸人だった。キザな風貌やホラ話の話芸で人気を博した。しかし、その人生は波乱に富んだものだった。41年に北海道の寺の息子として生まれ、10歳で出家得度。12歳の時から父に代わり、住職代理を務めるも、17歳の時にコメディアンを目指して上京した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る