自宅マンションから飛び降り自殺したポール牧の苦悩

公開日:  更新日:

ー2005年4月ー

「指パッチン」の芸などでお茶の間に親しまれ続けたポール牧が突然、飛び降り自殺したのは2005年4月のこと。晩年は出家して茨城県の寺の住職に納まっていただけに、だれもが驚いた。

 22日未明、西新宿の街にドシンという鈍い衝撃音が鳴り響いた。付近を通りかかっていたタクシーの運転手は歩道に血まみれで倒れている男性を発見。慌てて通報して男はすぐ救急車で病院に搬送された。足から落ちたようで顔はほぼ無傷だったが、全身の打撲がひどく、2時間後、死亡が確認された。男性はこのマンションに住むポール牧(享年63)。

 9階にある部屋の窓は開いたままで手すりに乗り越えた跡があった。メールがすべて消去された携帯電話が残され、遺書もなかったが、自殺と断定された。

 かつての相方、関武志や三波伸介、東八郎などが次々と物故する中、ほとんど最後の世代の浅草の軽演劇界の生き残り芸人だった。キザな風貌やホラ話の話芸で人気を博した。しかし、その人生は波乱に富んだものだった。41年に北海道の寺の息子として生まれ、10歳で出家得度。12歳の時から父に代わり、住職代理を務めるも、17歳の時にコメディアンを目指して上京した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る