自宅マンションから飛び降り自殺したポール牧の苦悩

公開日: 更新日:

ー2005年4月ー

「指パッチン」の芸などでお茶の間に親しまれ続けたポール牧が突然、飛び降り自殺したのは2005年4月のこと。晩年は出家して茨城県の寺の住職に納まっていただけに、だれもが驚いた。

 22日未明、西新宿の街にドシンという鈍い衝撃音が鳴り響いた。付近を通りかかっていたタクシーの運転手は歩道に血まみれで倒れている男性を発見。慌てて通報して男はすぐ救急車で病院に搬送された。足から落ちたようで顔はほぼ無傷だったが、全身の打撲がひどく、2時間後、死亡が確認された。男性はこのマンションに住むポール牧(享年63)。

 9階にある部屋の窓は開いたままで手すりに乗り越えた跡があった。メールがすべて消去された携帯電話が残され、遺書もなかったが、自殺と断定された。

 かつての相方、関武志や三波伸介、東八郎などが次々と物故する中、ほとんど最後の世代の浅草の軽演劇界の生き残り芸人だった。キザな風貌やホラ話の話芸で人気を博した。しかし、その人生は波乱に富んだものだった。41年に北海道の寺の息子として生まれ、10歳で出家得度。12歳の時から父に代わり、住職代理を務めるも、17歳の時にコメディアンを目指して上京した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る